座右の名文 : ぼくの好きな十人の文章家

書誌事項

座右の名文 : ぼくの好きな十人の文章家

高島俊男著

(文春新書, 570)

文藝春秋, 2007.5

タイトル別名

座右の名文 : ぼくの好きな十人の文章家

タイトル読み

ザユウ ノ メイブン : ボク ノ スキナ ジュウニン ノ ブンショウカ

大学図書館所蔵 件 / 67

内容説明・目次

内容説明

著者がいつもそばに置き、くりかえし読んでいる、新井白石から斎藤茂吉までの十人の作品。本書は、それぞれのどの作品がどう好きか、どうすぐれているかを、その人となりをまじえて解説する。

目次

  • 新井白石—自分の優秀さをみずから書きのこした大秀才
  • 本居宣長—神がかり的でもあり合理的でもあり
  • 森鴎外—「満点パパ」と冷徹な創作家と
  • 内藤湖南—日本初の大学出でない大学教授
  • 夏目漱石—『坊っちやん』は「探偵・恋愛小説」である
  • 幸田露伴—俳諧の注釈にすごみをみせた稀代の博識
  • 津田左右吉—処世のへたな独歩の人
  • 柳田國男—『遠野物語』をめぐる二つの立場
  • 寺田寅彦—「仙骨」を帯びた漱石門下の異才
  • 斎藤茂吉—にじみ出てくる可笑しみ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ