ヒートポンプ・蓄熱白書

著者

    • ヒートポンプ・蓄熱センター ヒート ポンプ チクネツ センター

書誌事項

ヒートポンプ・蓄熱白書

ヒートポンプ・蓄熱センター編

オーム社, 2007.7-

  • [1]
  • 2

タイトル別名

ヒートポンプ蓄熱白書

タイトル読み

ヒート ポンプ チクネツ ハクショ

大学図書館所蔵 件 / 87

内容説明・目次

巻冊次

[1] ISBN 9784274204234

内容説明

地球温暖化防止とエネルギーの安定供給の同時達成へのキーワードは、「脱炭素」「脱燃焼」「エネルギー効率の高い社会の構築」です。クリーンで無尽蔵な「空気の熱」をはじめ、各種の未利用エネルギーを高効率に活用する「ヒートポンプ」は、地球温暖化対策の切り札として国内のみならず海外でも大きく注目されています。本書では、省エネ・省CO2対策面で格段に有用で現実的な温暖化対策技術である「ヒートポンプ」と「蓄熱」に関する技術動向、導入状況、政策、環境性、開発の歴史、海外動向、統計データなどを網羅し、本技術の全貌を明らかにします。

目次

  • 第1部 新たなエネルギー活用術(ヒートポンプによるCO2削減ポテンシャル;環境保全・エネルギー安全保障の確立に向けた施策;ヒートポンプ普及によるエネルギー需給見通し;ヒートポンプを自然エネルギーとして取り扱うヨーロッパの状況;日本はヒートポンプで世界の環境改善に貢献;機器普及の将来像)
  • 第2部 ヒートポンプを取り巻く状況(技術編;政策編;環境編;歴史編;海外事情編;ヒートポンプ普及に向けて)
  • 第3部 統計編(機器普及データ;ヒートポンプの性能(COP)向上推移;エネルギー消費データ;その他のヒートポンプの市場データ;比較グラフ一覧)
巻冊次

2 ISBN 9784274502378

内容説明

ヒートポンプ・蓄熱システムに関する、技術、統計データ、政策、海外動向(海外での再生可能エネルギーとしての動向)などの最新情報をとりまとめ、“ヒートポンプ”と“蓄熱”の全体像を把握できる、「ヒートポンプ・蓄熱白書」に続く第2弾。

目次

  • 第1部 ヒートポンプ・蓄熱システムが拓く地球温暖化対策とエネルギーセキュリティ(地球温暖化対策におけるヒートポンプの役割;脱化石燃料社会に向けた取り組みの中でのヒートポンプ;原油価格高騰対策におけるヒートポンプの役割;欧州の再生可能エネルギー事情;不可標準化と蓄熱システム)
  • 第2部 ヒートポンプに関わる施策と技術(技術編;政策編;事例編;海外事情編;ヒートポンプ普及に向けて)
  • 第3部 統計等(機器普及データ;ヒートポンプQ&A)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8267699X
  • ISBN
    • 9784274204234
    • 9784274502378
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ