日本型まちづくりへの転換 : ミニ戸建て・細街路の復権

書誌事項

日本型まちづくりへの転換 : ミニ戸建て・細街路の復権

青木仁著

学芸出版社, 2007.7

タイトル別名

日本型まちづくりへの転換 : ミニ戸建て細街路の復権

タイトル読み

ニホンガタ マチズクリ エノ テンカン : ミニ コダテ サイガイロ ノ フッケン

大学図書館所蔵 件 / 126

内容説明・目次

内容説明

狭くてゴチャゴチャした街が悪いのか?「道は広く、建物は大きく」が理想か?全面更新からピンポイント改善へ。コンパクトで住みよい持続型の街と家をめざせ。本書は、暮らしの場としての街・住まい・生活環境を見つめ直すことを通じて、そこに残されたリスクを発見し、それに対処するための最適な方法が、従来考えられてきたような都市計画論理ではなく、その対極にある「日本型まちづくり」システムであることを明らかにしている。

目次

  • 1 下降シナリオによる救済—成長拡大志向から卒業する(右肩上がりの信仰からの脱却;コンパクトさが解決の鍵 ほか)
  • 2 ゼロ・リスク—道は狭くても安全な街はできる(都市防災の要は道路(+公園)という思い込みの打破;リスクの詳細把握とピンポイント対策の必要性 ほか)
  • 3 コンパクト—小さな敷地・建物の利点を知る(日本型まちづくりシステムの再評価;「ミニ戸建て住宅群開発」のコンパクトさの再評価 ほか)
  • 4 カー・フリー—クルマ依存から脱却する(道路整備が生み出した魅力のない空間;細街路の魅力と賑わい ほか)
  • 5 提案・一人から始められるまちづくり—私たちが都市を緑化する

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82830003
  • ISBN
    • 9784761524081
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    254p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ