書誌事項

生物の多様性ってなんだろう? : 生命のジグソーパズル

京都大学総合博物館, 京都大学生態学研究センター編

(学術選書, 027)

京都大学学術出版会, 2007.8

タイトル読み

セイブツ ノ タヨウセイ ッテ ナンダロウ : セイメイ ノ ジグソー パズル

大学図書館所蔵 件 / 4

注記

より深く学ぶために-読書案内: p294-295

引用文献: p296-303

内容説明・目次

内容説明

バクテリア、植物、昆虫、ヒト…生物たちの多様性を目の当たりにすると、いろいろな謎が浮かんでくる。生物の「形」は、他の生き物たちとの「関係」のなかでいかに作用しているのか?生き物と環境の「関係」を「分子」から探ると何が見えてくるだろうか?「分子」から「人間活動」が環境に及ぼす影響を理解するには?「人間活動」は「生態系」のなかでどのように位置づけられるのか?さまざまなピースが織りなす生き物たちのジグソーパズルに生態学が挑む。

目次

  • 1 形の章—なぜ花は美しいのか?形からみえる植物と動物の多様な共進化(昆虫を誘惑する花たち—花の多様性を読み解く;種子散布の生態学)
  • 2 関係の章—風が吹けば桶屋が儲かるか?生物間相互作用ネットワーク(ヤナギをめぐる虫たちの相互作用ネットワーク—生物多様性を生み出すしくみ;生物の多様性を生み出すメカニズムとその理論;意外なところに潜む間接効果—生態学的三者系と情報ネットワーク)
  • 3 分子の章—分子解析生態学がとき明かす生物多様性のメカニズム(ミツバチのリズムと時計遺伝子;魚類の多様性とオプシン遺伝子;あなたの同位体はいくつ?—同位体でわかる生物のつながり)
  • 4 人間活動の章—身近なところにある生物多様性(琵琶湖の生物多様性—過去、現在、そして、未来;里山の重要性;里山生態系と草原生態系の新しい危機)
  • 5 生態系の章—生態系の多様性その秘密を解き明かすアプローチ(熱帯降雨林の生態系—樹木と土壌微生物の協奏曲;微生物の海—海洋生態系における微生物群集の働きと多様性)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82935500
  • ISBN
    • 9784876988273
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    viii, 313p, 図版viiip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ