書誌事項

少年をいかに罰するか

宮崎哲弥, 藤井誠二 [著]

(講談社+α文庫, [G160-1])

講談社, 2007.9

タイトル別名

少年の「罪と罰」論

少年の罪と罰論

タイトル読み

ショウネン オ イカニ バッスルカ

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

「少年の「罪と罰」論」(春秋社 2001年刊)の改題改訂

内容説明・目次

内容説明

2000年11月、少年法は半世紀以上ぶりに改正、重罰化された。そして、少年犯罪をめぐる新たな裁判—2007年5月、光市母子殺人事件の差し戻し審議—が始まった。被告の元少年に対する判決を、日本中が注目している。「少年は死刑にするべきか…」。改正少年法の矛盾点と改善案を、評論家とジャーナリストが徹底討論。少年犯罪の実情を公開し、いま何を変えるべきかを探る一冊。

目次

  • 序章 「少年法改正」と光市母子殺害事件をめぐって(「少年」の概念;「少年」を裁くのか、「脳」を裁くのか;光市母子殺害事件に関する精神鑑定)
  • 第1章 風潮(少年犯罪の真実;現代の少年事件の本当の特徴)
  • 第2章 システム(改正で事実認定の欠陥は埋められたか;改正法の重罰化をどうみるか;少年の更生はどうすべきか)
  • 第3章 被害者と報道(混乱する少年犯罪報道;被害者は何を求めているのか;被害者をい癒すために何ができるか;少年犯罪を論じた知識人を斬る)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83472565
  • ISBN
    • 9784062811439
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    424p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ