書誌事項

戦後の活動

鈴木敬司著

(椋鳩十研究 / 鈴木敬司著, 2)

菁柿堂 , 星雲社 (発売), 2007.8

タイトル読み

センゴ ノ カツドウ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

状況の一転した戦後の社会において、椋はどんな活動をしたのか。本書では、椋が戦後において活躍した諸事実を追跡し、それらを覚え書き風に取りまとめた。

目次

  • 1 作家論・椋文学の戦後—人とその作品をめぐって
  • 2 作品論(「空想物語」ノート;「片耳の大鹿」の成立まで;『大空に生きる』での主張;『孤島の野犬』の作品構造;『カガミジシ』覚え書;「戦争批判」の意義を問う—戦争の悲劇は語りつがねばならない)
  • 3 資料・「母と子の20分間読書」運動(抄)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83482139
  • ISBN
    • 9784434109843
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    186p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ