「言いたいことが言えない人」のための本 : ビジネスでは"アサーティブ"に話そう!

書誌事項

「言いたいことが言えない人」のための本 : ビジネスでは"アサーティブ"に話そう!

畔柳修 [著]

(Do books)

同文舘出版, 2007.9

タイトル別名

Assertive communication

言いたいことが言えない人のための本 : ビジネスではアサーティブに話そう

タイトル読み

イイタイ コト ガ イエナイ ヒト ノ タメ ノ ホン : ビジネス デワ アサーティブニ ハナソウ

大学図書館所蔵 件 / 29

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

なぜ言いたいことが言えない?どういう考え方をしたらいい?どんな話し方をすればいい?職場のコミュニケーションにはアサーティブが効く。

目次

  • 1章 言うべきことが言えない!思うように伝えられない!—対人関係の3つのタイプ(あなたはどのタイプ?“頼まれごと”への3つの反応;自分のことは二の次で、相手を優先する ほか)
  • 2章 なぜ素直に表現できない?—無意識のうちにあなたを縛る思考の“クセ”(感情は“誰の”もの?;「○○であってはいけない」と自分を縛る「思い込み」 ほか)
  • 3章 「思い込み」から抜け出そう!—アサーティブになるための思考レッスン(自分も相手も“OK”;自分を信頼する—I’m OK ほか)
  • 4章 言いにくいことでも素直に表現し、伝えよう!—アサーティブな話し方レッスン(できないこと、やりたくないことに“No”と言ってもいい;怒りに変わる前に表現しよう ほか)
  • 5章 積極的に聴き、相手をほめよう—アサーティブは“聴く”ことから(伝える前に「聴く」;コミュニケーションはキャッチボール ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • Do books

    同文舘出版

    所蔵館1館

詳細情報

ページトップへ