書誌事項

戦後日本は戦争をしてきた

姜尚中, 小森陽一 [著]

(角川oneテーマ21, A-75)

角川書店 , 角川グループパブリッシング (発売), 2007.11

タイトル読み

センゴ ニホン ワ センソウ オ シテキタ

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

人物・用語解説: p239-251

内容説明・目次

内容説明

本当の「戦後」は朝鮮戦争の終結からはじまる!!誰も語らなかった日本の戦争史。

目次

  • 第1章 「テロ」と「戦争」の二一世紀—暴力が弱者に向かう時代(「正しい戦争」はどう作られたか;「テロ」の主犯はいったい誰か)
  • 第2章 「平和国家」の幻影—「戦後日本」の戦争史(続いていた戦前と戦後;終わらない日本の戦争)
  • 第3章 「虚」から「実」の時代へ—本当の「平和国家」に向けて(歴史を分けた湾岸戦争;憲法の生かし方、進むべき道)
  • 第4章 「戦後日本」の戦争を終わらせるために—この国への提言(二〇〇六年の国連決議は第二次朝鮮戦争を防いだ;日本はアメリカの核の傘から ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ