司馬遼太郎と網野善彦 : 「この国のかたち」を求めて

書誌事項

司馬遼太郎と網野善彦 : 「この国のかたち」を求めて

川原崎剛雄著

明石書店, 2008.1

タイトル別名

司馬遼太郎と網野善彦 : この国のかたちを求めて

タイトル読み

シバ リョウタロウ ト アミノ ヨシヒコ : コノ クニ ノ カタチ オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 80

注記

註・参考文献: p283-294

内容説明・目次

内容説明

悲惨な戦争体験から出発して、司馬は生涯をかけて日本人とは何かを問い続けた。それは同時に日本人と日本国家との関係を問うことでもあった。国家を相対化してとらえる戦後歴史学との親和性が色濃く反映される司馬の作品群のなかで唯一の例外が『坂の上の雲』ではないのか。

目次

  • 第1章 司馬作品の魅力はどこにあるのか
  • 第2章 司馬思想の形成
  • 第3章 「この国のかたち」を求めて
  • 第4章 司馬史観とはなにか
  • 第5章 司馬遼太郎と網野善彦
  • 第6章 『坂の上の雲』について
  • 第7章 「あるべき国のかたち」を求めて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ