早矢仕不二夫オーラルヒストリー : 戦後労働史研究

書誌事項

早矢仕不二夫オーラルヒストリー : 戦後労働史研究

早矢仕不二夫著 ; 梅崎修, 島西智輝, 南雲智映編

慶應義塾大学出版会, 2008.3

タイトル読み

ハヤシ フジオ オーラル ヒストリー : センゴ ロウドウシ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

早矢仕不二夫氏略歴: p353-355

内容説明・目次

内容説明

終戦直後から労働運動に身を投じ、激動の半世紀を「現場」とともに駆け抜けた著者が、全金同盟の再建、東京金属の結成と拡大、生産性運動、統一労働協約の締結などを通して、中小企業労働運動の実態を克明に語る。労使双方から信頼された「生涯現役」オルガナイザーによる歴史の証言。

目次

  • 第1章 戦後総同盟の様子と労働運動に入るきっかけ(昭和二十五年ごろまで)
  • 第2章 東京金属の結成とオルグ活動の日々(昭和二十五年から)
  • 第3章 労働運動と生産性運動(昭和三十年〜)
  • 第4章 統一労働協約の展開と地方産別リーダーとしての活動(昭和三十六年以降)
  • 第5章 組合民主化運動の展開(昭和四十年〜)
  • 第6章 労働戦線統一と次世代プロパーへのメッセージ(昭和五十年代〜)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ