書誌事項

鎌倉仏教展開論

末木文美士著

トランスビュー, 2008.4

タイトル読み

カマクラ ブッキョウ テンカイ ロン

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

従来取り上げられることの少ない栄西、頼瑜、無住、慈遍らに光を当て、本覚思想、密教、神仏習合から天皇論、中世神話までを射程に入れ、鎌倉期宗教世界の豊かな全体像に迫る。

目次

  • 鎌倉仏教をどう見るか
  • 方法と概観(日本宗教史の中の仏教;鎌倉仏教の形成と展開)
  • 鎌倉仏教の形成(本覚思想をめぐって;浄土教の思想;栄西における密と禅)
  • 鎌倉仏教の展開(日蓮の真偽未決遺文をめぐって;密教から見た諸宗—頼瑜の諸宗観;無住の諸行並修思想;『夢中問答』にみる夢窓疎石の思想;仏教と中世神道論—神・仏・天皇論の展開)
  • 中世から捉え返す思想史

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ