書誌事項

資本と剰余価値の理論

森田成也著

(マルクス剰余価値論の再構成 / 森田成也著, [正])

作品社, 2008.4

タイトル読み

シホン ト ジョウヨ カチ ノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 68

内容説明・目次

内容説明

新自由主義の時代にこそ求められる深い理論的探求の成果『資本論』出版から140年、資本と剰余価値の本質を解明する新たな一歩へ。『資本論』研究の新たな地平を切り開く!

目次

  • 序章 『資本論』と剰余価値論
  • 第1章 絶対的剰余価値生産と標準労働日
  • 第2章 マルクスの標準労働日論とその限界
  • 第3章 労働強化と絶対的剰余価値生産の第二形態
  • 第4章 絶対的剰余価値と相対的剰余価値の新しい概念
  • 第5章 特別剰余価値生産の基本的性格

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85690578
  • ISBN
    • 9784861821929
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    338p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ