書誌事項

港町食堂

奥田英朗著

(新潮文庫, お-72-1)

新潮社, 2008.5

タイトル読み

ミナトマチ ショクドウ

大学図書館所蔵 件 / 38

注記

2005年11月刊の文庫化

内容説明・目次

内容説明

旅はいい。感じる風がいつもとちがう。ただし、わたしは無精者である。誰かに背中を押してもらわないと出かけられないのだ—。旅雑誌の企画に乗り、さまざまな港町を船で訪れることになった作家・奥田英朗。その行く手には、美女と肴と小事件が待ち受けていた!土佐清水、五島列島、牡鹿半島、佐渡島、ちょいと足を伸ばして釜山。笑い、毒舌、最後はしみじみの、寄港エッセイ。

目次

  • 第1便 美人ママに叱られたい—高知・土佐清水篇
  • 第2便 謎の生物VS.美人女医—五島列島篇
  • 第3便 名もない小説家、ひとりたたずむ—宮城・牡鹿半島篇
  • 第4便 N木賞などおかまいなし—韓国・釜山篇
  • 第5便 食い意地のせいなのか?—日本海篇
  • 第6便 極寒の孤島に閉じ込められて…—稚内・礼文島篇

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ