セックスという迷路 : セクシュアリティ文化の社会学

書誌事項

セックスという迷路 : セクシュアリティ文化の社会学

井上芳保編

長崎出版, 2008.4

タイトル別名

Sexual labyrinth

タイトル読み

セックス ト イウ メイロ : セクシュアリティ ブンカ ノ シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

文献: 章末

収録内容

  • はしがき: セラピー文化としてのセックス、暴力としてのセックス / 井上芳保著
  • 第1章: ねえ、本音で「性」のこと話そう : 身体的なハンディを超えて / 白石耀著
  • 第2章: 楽しいセックスの体験が社会を変える : セックス奉仕隊が求められる理由 / キム・ミョンガン著
  • 第3章: オンナを楽しく生きる : ラブピースクラブを作ったわけ / 北原みのり著
  • 第4章: セラピー文化としてのセックス奉仕隊の功罪 : 奉仕隊員とユーザー女性の聞き取り調査に基づいて / 井上芳保著
  • 第5章: 若者の性意識は変化している : 性教育の実践にみる性的リベラリズムのアポリア / 梶原公子著
  • 第6章: ネットをめぐる人間関係論 : ネット恋愛、ネット心中のフィールドワークから / 渋井哲也著
  • 第7章: セックスワークについて考える : 性産業で働く女性たちの労働実態の検討から / 川畑智子著
  • 第8章: グローバル化と人身売買 : セックスワーク従事の外国籍女性への暴力の実態 / 越田清和著
  • 第9章: フーコーにおける「セクシュアリティ」と「生‐権力」の概念 / 杉山吉弘著
  • 第10章: 日本社会における売買春の変遷 : 歴史学的視点からの考察 / 今西一著
  • 終章: 性の「解放」の深層にあるもの : 自分らしい「性」というより不気味なものと出会う / 井上芳保著

内容説明・目次

内容説明

障がい者の性、セックス奉仕隊、ラブピースクラブ、若者への性教育、ネット恋愛、セックスワーク、人身売買、フーコーのセクシュアリティ論、日本における売買春の歴史。セックスという行為に潜むテーマを掘り下げ、縦横無尽に語り尽くす。

目次

  • 第1章 ねえ、本音で「性」のこと話そう—身体的なハンディを超えて
  • 第2章 楽しいセックスの体験が社会を変える—セックス奉仕隊が求められる理由
  • 第3章 オンナを楽しく生きる—ラブピースクラブを作ったわけ
  • 第4章 セラピー文化としてのセックス奉仕隊の功罪—奉仕隊員とユーザー女性の聞き取り調査に基づいて
  • 第5章 若者の性意識は変化している—性教育の実践にみる性的リベラリズムのアポリア
  • 第6章 ネットをめぐる人間関係論—ネット恋愛、ネット心中のフィールドワークから
  • 第7章 セックスワークについて考える—性産業で働く女性たちの労働実態の検討から
  • 第8章 グローバル化と人身売買—セックスワーク従事の外国籍女性への暴力の実態
  • 第9章 フーコーにおける「セクシュアリティ」と「生‐権力」の概念
  • 第10章 日本社会における売買春の変遷—歴史学的視点からの考察
  • 終章 性の「解放」の深層にあるもの—自分らしい「性」というより不気味なものと出会う

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85845528
  • ISBN
    • 9784860952167
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    357p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ