モラル・ハザードは倫理崩壊か

書誌事項

モラル・ハザードは倫理崩壊か

田村祐一郎著

千倉書房, 2008.5

タイトル別名

モラルハザードは倫理崩壊か

タイトル読み

モラル・ハザード ワ リンリ ホウカイ カ

大学図書館所蔵 件 / 68

内容説明・目次

内容説明

“モラル・ハザード”は“倫理崩壊”の意味で多用された本書はこの外来語の由来と定着の推移、そして真の意味と意義を解明する。

目次

  • 第1章 流行語としてのモラル・ハザード(発端—預金保険とモラル・ハザード;流行語へ;意味の拡散と用例の数々;定着と反省)
  • 第2章 リスクとハザード(事故の心理的要因;物理的危険と道徳的危険;モラル・ハザードとモラール・ハザード;モラルとモラール)
  • 第3章 保険の事故誘発・損害拡大・事故炙り出し効果(保険の事故誘発効果;保険の損害拡大効果;保険の事故炙り出し効果;医療保険)
  • 第4章 モラル・ハザードの周辺(三すくみ;責任負担と注意力—保険のパラドックス?;逆選択;インセンティブ・システム)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85926255
  • ISBN
    • 9784805109045
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    5, 216p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ