ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA[3]研究所

書誌事項

ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA[3]研究所

立石泰則 [著]

(講談社文庫, [た-64-4])

講談社, 2008.5

タイトル別名

ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA[3] (エー・キューブド) 研究所

ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA[3]研究所 : 書き下ろしノンフィクション

ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA3研究所

タイトル読み

ソニー サイゴ ノ イタン : コンドウ テツジロウ ト A3 ケンキュウジョ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

[3]は上つき文字

ブックジャケットのタイトル: ソニー最後の異端 : 近藤哲二郎とA[3]研究所 : 書き下ろしノンフィクション

近藤哲二郎の肖像あり

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

話しても分からない人間には何も話さない、相手がたとえ役員であっても。ソニー随一の特許数を持ちながら、その性格ゆえ、開発した技術は一件も商品化されない、という不遇にあった近藤哲二郎が、一転して「WEGA」「BRAVIA」を成功に導くデジタル高画質技術「DRC」を誕生させるまで。書き下ろしノンフィクション。

目次

  • 第1章 ソニーとの出会い
  • 第2章 転機
  • 第3章 DRC—進化する技術
  • 第4章 薄型テレビの「エンジン」として
  • 第5章 「技術のソニー」を支える人材育成

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ