山魔(やまんま)の如き嗤うもの

著者

    • 三津田, 信三 ミツダ, シンゾウ

書誌事項

山魔(やまんま)の如き嗤うもの

三津田信三著

(ミステリー・リーグ)

原書房, 2008.4

タイトル読み

ヤマンマ ノ ゴトキ ワラウ モノ

大学図書館所蔵 件 / 23

注記

主な参考文献: p430

内容説明・目次

内容説明

忌み山で人目を避けるように暮らしていた一家が忽然と消えた。「しろじぞうさま、のーぼる」一人目の犠牲者が出た。「くろじぞうさま、さーぐる」二人目の犠牲者—。村に残る「六地蔵様」の見立て殺人なのか、ならばどうして…「あかじぞうさま、こーもる」そして…。六地蔵様にまつわる奇妙な童唄、消失と惨劇の忌み山。そこで刀城言耶が「見た」ものとは…。『首無の如き祟るもの』に続く渾身の書き下ろし長編。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86120928
  • ISBN
    • 9784562041510
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    430p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ