「帝国アメリカ」の真の支配者は誰か : 金融支配階級が進める民営化・搾取・格差・貧困

書誌事項

「帝国アメリカ」の真の支配者は誰か : 金融支配階級が進める民営化・搾取・格差・貧困

ジェームズ・ペトラス著 ; 高尾菜つこ訳

三交社, 2008.7

タイトル別名

Rulers and ruled in the US Empire

帝国アメリカの真の支配者は誰か : 金融支配階級が進める民営化搾取格差貧困

タイトル読み

テイコク アメリカ ノ シン ノ シハイシャ ワ ダレ カ : キンユウ シハイ カイキュウ ガ ススメル ミンエイカ サクシュ カクサ ヒンコン

大学図書館所蔵 件 / 50

内容説明・目次

内容説明

国家予算、税制、外交政策を操る一方、他国の経済・社会をも支配する米国の少数エリート—米国、中国、ロシア、中南米、アフリカで展開する戦略を徹底分析し、彼らがもたらす格差と貧困の実態を痛烈に批判。

目次

  • 体制としての米帝国(誰が米国を支配しているのか;米国資本主義の危機か、それとも米国労働者の危機か;市場の自由化と強制移住;経済的帝国建設と汚職の重大性;帝国主義体制—ヒエラルキー・ネットワーク・従属国;帝国主義—大量殺戮の原動力;世界の支配階級—億万長者とその「成功」の方法)
  • 2 米国のシオニスト・パワー(行き止まり—ユダヤ・ロビーに抑圧されるイラク研究グループ;事実の抑圧—レバノンを巡るユダヤ・ロビーとメディア;米帝国と中東—シオニズム・傀儡政権・政治的同盟国)
  • 3 抵抗の可能性(中国の過去・現在・未来—半植民地から世界的大国へ?;米国とラテンアメリカとの関係—決裂・反発・過去の幻想;新しい左翼の風か、それとも新しい右翼の熱気か;ラテンアメリカにおける外国投資—社会的代償と政治的リスク)
  • 4 闘士たちのアジェンダ(経済的代替案;ラテンアメリカ—中流階級・社会運動・左派;帝国打倒におけるイラクとアフガニスタンの重要性)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86502072
  • ISBN
    • 9784879191731
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    357p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ