誰が世界を変えるのか : ソーシャルイノベーションはここから始まる

書誌事項

誰が世界を変えるのか : ソーシャルイノベーションはここから始まる

フランシス・ウェストリー, ブレンダ・ツィンマーマン, マイケル・クイン・パットン著 ; 東出顕子訳

英治出版, 2008.8

タイトル別名

Getting to maybe : how the world is changed

誰が世界を変えるのか : ソーシャルイノベーションはここから始まる

タイトル読み

ダレ ガ セカイ オ カエルノカ : ソーシャル イノベーション ワ ココカラ ハジマル

大学図書館所蔵 件 / 178

注記

序文: エリック・ヤング

内容説明・目次

内容説明

ソーシャルイノベーション—劇的な社会変革は、ものごとを個別に見ることをやめ、社会のシステムを構成するさまざまな要素間の関係をつかむことから始まる。この「システムと関係」のレンズを通して、本書は人と人、個人と集団、人と社会の間にひそむ関係性のルールを明らかにする。犯罪を激滅させた“ボストンの奇跡”、HIV/AIDSとの草の根の闘い、いじめを防ぐ共感教育プログラム、失業・貧困対策、野生動物保護、障害者支援…それぞれの夢の軌跡から、コミュニティを、ビジネスを、世界を変える新たな方法が見えてくる。インスピレーションと希望に満ちた一冊。

目次

  • 第1章 暮れ初めの灯り
  • 第2章 「かもしれない」をめざして
  • 第3章 静思の時
  • 第4章 強力な他者
  • 第5章 世界があなたを見つける
  • 第6章 冷たい天国
  • 第7章 歴史と希望が韻を踏む時
  • 第8章 ドアは開く

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA87005277
  • ISBN
    • 9784862760364
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ