書誌事項

血の冠

香納諒一著

祥伝社, 2008.7

タイトル別名

Crown of blood

タイトル読み

チ ノ カンムリ

大学図書館所蔵 件 / 5

内容説明・目次

内容説明

警察OBの越沼が殺された。頭蓋骨が切断され、脳味噌に王冠のように釘を植えつけられて。それはかつて「キング」と呼ばれる殺人者が繰り返した、二十六年前の忌まわしい迷宮入り事件の手口と同じだった—。弘前中央署会計課係長の小松一郎は、幼馴染みの警視庁警視正・風間によって、捜査の最前線に立たされる。少年時代二人はキングの被害者だったのだ。地元有力者を密かに容疑者と目する風間たち。だが、その追跡も空しく、猟奇殺人はさらに続く。そして、解決の鍵となる捜査資料が紛失した。署内に事件と関わりのある者がいるのか?北の街を舞台に心の疵と正義の裏に澱む汚濁を描く、警察小説の傑作誕生。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8716817X
  • ISBN
    • 9784396633028
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    391p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ