こんなニッポンに誰がした : 森永卓郎の政治経済学講座

書誌事項

こんなニッポンに誰がした : 森永卓郎の政治経済学講座

森永卓郎著

大月書店, 2008.10

タイトル読み

コンナ ニッポン ニ ダレ ガ シタ : モリナガ タクロウ ノ セイジ ケイザイガク コウザ

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

参考文献: 巻末

初出: ウェブサイト『マガジン9条』2005年3月-2008年10月掲載

内容説明・目次

内容説明

アメリカ金融バブル崩壊の今、ニッポン・サバイバルの道を誤らないための一冊。アメリカ型市場原理主義、アメリカが仕掛けるテロ戦争に影響を受け続けた日本の政治・経済・そして社会。日本がどのように巻き込まれてきたのかを、筆者がわかりやすく事例を用いながら説明。

目次

  • 「合理的経済人」が唱える“争いを容認する社会”
  • 人の心に存在する「自分だけが幸せになればよい」という気持ちが、不平等や戦争を引き起こす
  • 苦しければ苦しいほど、強いリーダーを求めてしまう。その先にあるのは、不公平な所得の二極分化
  • 経済効果なしの防衛費。なぜこんなに支出し続けるのか?
  • ミサイルよりも井戸を。防衛費よりも世界の人からの感謝を
  • テロの根本原因は、市場原理が生み出す、不条理な貧困と不公平感
  • 集団熱狂はなぜ起こるのか。郵政民営化選挙に吹き荒れた“小泉旋風”
  • 「改革を口にしない者は、非国民だ」とする空気のおそろしさ
  • 戦争になる仕組みや世論をつくり出す人の「事前責任」を裁けるのは、国民自身
  • 平等主義、平和主義を唱え、憲法9条を護ろうとしてきた、自民党ハト派の弱体〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA87533708
  • ISBN
    • 9784272140565
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    143p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
ページトップへ