就活のバカヤロー : 企業・大学・学生が演じる茶番劇

書誌事項

就活のバカヤロー : 企業・大学・学生が演じる茶番劇

石渡嶺司, 大沢仁著

(光文社新書, 378)

光文社, 2008.11

タイトル別名

就活のバカヤロー : 企業大学学生が演じる茶番劇

タイトル読み

シュウカツ ノ バカヤロー : キギョウ ・ ダイガク ・ ガクセイ ガ エンジル チャバンゲキ

大学図書館所蔵 件 / 324

注記

主な参考文献・参考資料: p277-278

内容説明・目次

内容説明

就職活動(通称「就活」)をテーマに、企業の人事や大学の教職員、就活中の大学生らに徹底取材したあと、腹の底から出てきたのがこのひと言だ。「私は納豆のようにねばり強い人間です」と、決まり文句を連呼する“納豆学生”、「企業は教育の邪魔をするな」と叫ぶわりに、就職実績をやたらと気にする“崖っぷち大学”、営業のことを「コンサルティング営業」と言い換えてまで人材を獲得しようとする“ブラック企業”—「企業と社会の未来をつくる行為」「学生個々人が未来に向けて大きな一歩を踏み出す行為」であったはずの就職活動は、いまや騙し合い、憎しみ合いの様相を呈し、嫌悪感と倦怠感が渦巻く茶番劇に成り下がった。さて、いったい誰が悪いのか。

目次

  • 第1章 就活生はイタすぎる(「こんな漢字も書けないのか」;学生の「自己分析」はイタすぎる ほか)
  • 第2章 大学にとって「就活はいい迷惑」(現在の大学が抱える「ジレンマ」;徹底支援、熱血支援と言うけれど… ほか)
  • 第3章 企業の「採活」真相はこうだ(新卒採用担当者のお仕事;企業の採用戦略はこうやって決まる ほか)
  • 第4章 インターンなんてやりたくない(いつの間にか就活の一部となった「インターンシップ」;企業の本音は「やらざるをえない」 ほか)
  • 第5章 マッチポンプで儲ける就職情報会社(就職情報会社の顔ぶれ;就活、採活を牛耳る「陰の支配者」 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA87882241
  • ISBN
    • 9784334034818
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    278p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ