書誌事項

本覚坊遺文

井上靖 [著]

(講談社文芸文庫, [いH4])

講談社, 2009.1

タイトル読み

ホンカクボウ イブン

大学図書館所蔵 件 / 56

注記

年譜(曾根博義編): p211-222

著書目録(曾根博義作成): p223-233

『井上靖全集』(1997.2 新潮社刊)を底本としたもの

内容説明・目次

内容説明

師千利休は何故太閤様より死を賜り、一言の申し開きもせず従容と死に赴いたのか?弟子の本覚坊は、師の縁の人々を尋ね語らい、又冷え枯れた磧の道を行く師に夢の中でまみえる。本覚坊の手記の形で利休自刃の謎に迫り、狭い茶室で命を突きつけあう乱世の侘茶に、死をも貫徹する芸術精神を描く。文化勲章はじめ現世の名誉を得た晩年にあって、なお已み難い作家精神の輝きを示した名作。日本文学大賞受賞作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA88517412
  • ISBN
    • 9784062900362
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    233p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ