書誌事項

脳のなかの文学

茂木健一郎著

(文春文庫, [も-23-1])

文藝春秋, 2009.1

タイトル別名

クオリア降臨

タイトル読み

ノウ ノ ナカ ノ ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 27

注記

「クオリア降臨」 (2005年11月刊) の改題

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

漱石のユーモアは、どのような痛ましい内面生活から生まれたのか。小林秀雄の評論に深く隠された動機とは。宇宙のなかの謎めいた存在でありながら、時代に拘束されもする人間は、文学、そして芸術という活動に何を求めてきたのか。「クオリア」という概念でしなやかに解明される、この人間的営みの深奥。

目次

  • 世界を引き受けるために
  • クオリアから始まる
  • 可能性としての無限
  • 日常の由来するところ
  • 豊饒の海を夢見て
  • 生きた時間はどこに行くのか
  • 見られることの喜びと哀しみ
  • 「スカ」の現代を抱きしめて
  • 観念世界のリアリティ
  • 複製技術時代
  • 愛することで、弱さが顕れるとしても
  • 真実の瞬間
  • 感じるものにとっては、悲劇として
  • 文学と科学の間に
  • 言葉の宇宙と私の人生
  • 衝突に託された福音

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ