越境の古代史 : 倭と日本をめぐるアジアンネットワーク

書誌事項

越境の古代史 : 倭と日本をめぐるアジアンネットワーク

田中史生著

(ちくま新書, 767)

筑摩書房, 2009.2

タイトル読み

エッキョウ ノ コダイシ : ワ ト ニホン オ メグル アジアン ネットワーク

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

主要参考文献: p229-236

関連年表: p237-245

内容説明・目次

内容説明

古代の列島社会は、内と外が交錯しあうアジアのネットワークの舞台である。大王と異なるチャンネルで朝鮮諸国と結びつき、国内の政治を牽制する豪族たち。渡来人や留学生によって運ばれる技術・文化、そして政治的な思惑。外交と交易を独占し、中華的な国家形成を目指す日本王権と、国家の枠を飛び越え成長する国際商人の動き。倭国の時代から、律令国家成立以後まで、歴史を動かし続けた「人の交流」を、実証的に再現し、国家間関係として描かれがちな古代日本とアジアの関係史を捉え直す。

目次

  • 序章 列島の古代史とアジア史を結ぶ視座
  • 第1章 アジア史のなかの倭国史
  • 第2章 渡来の身体と技能・文化
  • 第3章 血と知のアジアンネットワーク
  • 第4章 天皇制と中華思想
  • 第5章 国際商人の時代へ
  • 第6章 国際交易の拡大と社会変動
  • 第7章 列島の南から

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ