書誌事項

私の文学漂流

吉村昭著

(ちくま文庫, [よ-1-6])

筑摩書房, 2009.2

タイトル読み

ワタシ ノ ブンガク ヒョウリュウ

大学図書館所蔵 件 / 19

内容説明・目次

内容説明

「妻は、昼間、子供が寝ている間に小説を書き、私が勤めから帰ってくると、ただ一つしかない食卓を私に明け渡し、私は深夜まで書く」。傾倒する川端康成らの作品を筆写し、三島由紀夫等を訪問した大学文芸部時代。小説を書くという初志は、困窮しても、何度賞を逃しても消えることはなかった。同志である妻と逆境を乗り越え、太宰治賞を受賞するまでの作家誕生秘話。

目次

  • 読書から習作へ
  • 大学文芸部時代
  • 大学中退、結婚、放浪
  • 同人雑誌と質店
  • 贋金づくり
  • 「文学者」の復刊
  • 芥川賞候補
  • 二通の白い封筒
  • 睡眠五時間
  • 小説を観る眼
  • 会社勤め
  • 危機
  • 妻の受賞
  • 『星への旅』と『戦艦武蔵』
  • 太宰治賞

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89079241
  • ISBN
    • 9784480425607
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    242p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ