アンコール・ワットが眠る間に : カンボジア歴史の記憶を訪ねて

書誌事項

アンコール・ワットが眠る間に : カンボジア歴史の記憶を訪ねて

北川香子著

連合出版, 2009.2

タイトル別名

アンコールワットが眠る間に : カンボジア歴史の記憶を訪ねて

タイトル読み

アンコール ワット ガ ネムル マニ : カンボジア レキシ ノ キオク オ タズネテ

大学図書館所蔵 件 / 48

内容説明・目次

内容説明

「カンボジアの歴史には実は大きな断絶がある。…この空白の二世紀の前後で、カンボジアの社会や国家の在り方は、全く違ってしまっている。」アンコール・ワットの記憶は薄れ、伝承だけが残った。—歴史学者がフィールドワークで掘り起こす。

目次

  • 第1章 「ペン夫人の丘」と四河川の合する所—プノム・ペン
  • 第2章 ポスト・アンコールの王都—ロンヴェーク・ウドン
  • 第3章 ポスト・アンコールの「王道」—トンレー・サープ南西岸に沿って
  • 第4章 メコン東岸の王都—スレイ・サントー
  • 第5章 フランス植民地都市と古代都市—コムポン・チャーム、トボーン・クモム
  • 第6章 王の港—コムポート、シハヌーク・ヴィル
  • 第7章 アンコールの「王道」—トンレー・サープ北東岸に沿って
  • 第8章 国境の果てにあった世界—バット・ダムボーンとパイリン
  • 第9章 急流地帯の先—ストゥン・トラエン、ラタナ・キリ
  • 第10章 プノムと古代の都城—アンコール・ボレイ、バヤン・カオ
  • 第11章 失われた歴史—アンコール・ワット

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ