視覚世界はなぜ安定して見えるのか : 眼球運動と神経信号をめぐる研究

書誌事項

視覚世界はなぜ安定して見えるのか : 眼球運動と神経信号をめぐる研究

本田仁視著

(新潟大学人文学部研究叢書, 4)

知泉書館, 2009.2

タイトル別名

視覚世界はなぜ安定して見えるのか

タイトル読み

シカク セカイ ワ ナゼ アンテイ シテ ミエルノカ : ガンキュウ ウンドウ ト シンケイ シンゴウ オ メグル ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 81

この図書・雑誌をさがす

注記

引用文献: 巻末p6-15

内容説明・目次

目次

  • 第1章 相殺説と眼球位置信号(視覚世界の安定性;相殺説 ほか)
  • 第2章 眼球位置信号をめぐる古典的研究(眼筋の麻酔実験;眼球の受動的回転と運動感覚 ほか)
  • 第3章 眼球位置信号の神経学的基盤(眼窩内の固有受容感覚に関する見解;眼筋の伸張による脳細胞の反応 ほか)
  • 第4章 眼球位置信号と視覚(サッカード時の位置判断の誤り;完全暗中での実験 ほか)
  • 第5章 視覚世界の安定性を維持する心理学的しくみ(サッカード抑制;サッカード前後の視覚統合 ほか)
  • 第6章 まとめ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89376531
  • ISBN
    • 9784862850522
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 135, 17p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ