書誌事項

澁澤龍彦映画論集成

澁澤龍彦著

(河出文庫)

河出書房新社, 2009.5

タイトル別名

映画論集成 : 渋沢竜彦

タイトル読み

シブサワ タツヒコ エイガロン シュウセイ

大学図書館所蔵 件 / 20

内容説明・目次

内容説明

怪奇・恐怖映画から悪やエロスまで、映画ほど澁澤の強い個性を象徴するものはない。『スクリーンの夢魔』から三十余年、大幅に増補して、生前に発表したすべての映画論・映画評を集大成したのが本書である。ブニュエル、パゾリーニ、フェリーニ、ベルイマン…そして女優カトリーヌ・ドヌーヴ、六〇年代から八〇年代のこの映画論エッセイの中には澁澤の精神世界が潜んでいる。

目次

  • 第1章 怪奇と恐怖
  • 第2章 エロスと悪
  • 第3章 モンローとドヌーヴ
  • 第4章 精神分析と深層心理
  • 第5章 SFと巨匠
  • 第6章 日本映画

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90116913
  • ISBN
    • 9784309409580
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    266p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ