黄金の枝を求めて : ヨーロッパ思索の旅・反戦の芸術と文学

書誌事項

黄金の枝を求めて : ヨーロッパ思索の旅・反戦の芸術と文学

立野正裕著

スペース伽耶 , 星雲社 (発売), 2009.6

タイトル別名

黄金の枝を求めて : ヨーロッパ思索の旅反戦の芸術と文学

タイトル読み

オウゴン ノ エダ オ モトメテ : ヨーロッパ シサク ノ タビ ハンセン ノ ゲイジュツ ト ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 31

内容説明・目次

内容説明

なんのために若者たちは死ななくてはならなかったのか。ヨーロッパ大戦の戦跡を歩き、旅のなかで考える。

目次

  • それは一兵士の声明から始まった
  • 第1部 彼方からの伝言—イギリス、イタリア、スペイン(辱められた夜にぼくは立ち会っている;黄金の枝を求めて—フレイザー、ターナー、カロッサ;ピレネーの尾根を越えて—ヘミングウェイ、プレスバーガー、ピカソ)
  • 第2部 眠れぬ魂との対話—ベルギー、フランス、スイス(フランドルのもがり笛;罌粟の花を探して—マンスフィールド、マクレー、サスーン;烏のいる風景—リルケ、オーウェン、ベイトソン)
  • 第3部 未来に生きる者への委託—イタリア、ベルギー、フランス(残された者の追憶のなかに;真夜中の兵士たち—キプリング、オーウェン、ロングスタッフ;森のなかの墓地へ—マンスフィールド、リルケ、カロッサ)
  • 黄金の谷間にて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90484316
  • ISBN
    • 9784434131820
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    322p, 図版 [24] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ