オペラ・シンドローム : 愛と死の饗宴

書誌事項

オペラ・シンドローム : 愛と死の饗宴

島田雅彦著

(NHKブックス, 1142)

日本放送出版協会, 2009.9

タイトル別名

オペラシンドローム : 愛と死の饗宴

タイトル読み

オペラ シンドローム : アイ ト シ ノ キョウエン

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

登場作曲家年表: p236-237

内容説明・目次

内容説明

ド派手な舞台に華麗な衣裳、奇想天外な物語に魂をゆさぶる音楽、そして、湧き出す情念そのままに歌い上げる歌手たちの声—。イタリアで生まれて四〇〇年、オペラは今なお世界で、「最強の総合芸術」「娯楽の王様」として君臨し続けている。そこでは、王侯貴族のような豪華絢爛な気分を味わってもいいし、形式美を楽しんでもいいし、残酷な悲劇の結末に感涙してもいい。オペラに正しい見方はない。いや、あらゆる見方が正しいのだ。「命をかけるべき最高の遊戯」とまで言い放つ偏愛主義者が説く、入名書でかつ極め付きのオペラ至上論である。

目次

  • 第1章 ドン・ジョヴァンニの正体—モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』
  • 第2章 楽壇のナポレオン—ロッシーニ『アルジェのイタリア女』『ランスへの旅』
  • 第3章 歌姫たちの超絶技巧—ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』、ベッリーニ『ノルマ』
  • 第4章 救いのないマッチョ・オペラ—ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』『運命の力』
  • 第5章 主役を操る悪役—ヴェルディ『オテロ』
  • 第6章 極上なる催眠—ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』
  • 第7章 「蝶々夫人」と息子の物語—プッチーニ『蝶々夫人』
  • 第8章 完璧なるマニエリスム—R.シュトラウス『ばらの騎士』
  • 第9章 オペラではすべてが許される—ショスタコーヴィチ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91428955
  • ISBN
    • 9784140911426
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ