「下山事件」謀略論の歴史 : 「原光景」的イメージから「動物化」した謀略論へ

書誌事項

「下山事件」謀略論の歴史 : 「原光景」的イメージから「動物化」した謀略論へ

佐藤一著

彩流社, 2009.9

タイトル別名

下山事件謀略論の歴史 : 原光景的イメージから動物化した謀略論へ

タイトル読み

シモヤマ ジケン ボウリャクロン ノ レキシ : ゲンコウケイテキ イメージ カラ ドウブツカ シタ ボウリャクロン エ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

本章を読まれるための参考事項: p344-345

内容説明・目次

内容説明

“事実”に基づいて過去を検討することが必要だ。そして、どうすべきかを考える以外に道はない!—。冤罪「松川事件元被告」の佐藤一による最後の書。

目次

  • 「原光景」はどういう光景か
  • 理想の時代が懐かしい
  • 「攪乱」手段は空気とムード
  • 動機不明?主謀者なし?
  • これはなんだねぇ?
  • 「資料」「記録」の粗製濫造
  • ソ連・中国共産党を怒らせた日本共産党
  • 家族の語り
  • 総帥とは嘘をつく臆病者のことか
  • 幽霊の正体見たり枯れ尾花
  • そっくりで、似てはならない妙なもの?
  • 朝日のエース記者は「ほとんど病気」
  • 朝日のエース記者は「ほとんど病気」
  • (続)
  • 総帥矢板玄はどうなったのか
  • 藤井忠俊は資料を嫌う歴史学者か?
  • 「敗北の文化」が語る「復讐の形式」
  • 不思議不可思議で幕開けの「理想の時代」
  • 東大総長・法医学教室・朝日の共同戦線
  • 東大の権威を背負う人格と品性
  • 政府・G2自殺発表を押し潰す
  • 追放は徳田らのマッカーサーへの懇願?
  • 清張説幻と消え主役は南原繁へ?
  • 「曲学阿世」といわれても曲げる学があるの?
  • 新聞記者はいい加減で暢気な商売ね
  • 謀略説・陰謀説を創り走らせる人びと

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91504000
  • ISBN
    • 9784779114618
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    361p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ