なぜ飼い犬に手をかまれるのか : 動物たちの言い分

書誌事項

なぜ飼い犬に手をかまれるのか : 動物たちの言い分

日高敏隆著

(PHPサイエンス・ワールド新書, 002)

PHP研究所, 2009.10

タイトル別名

なぜ飼い犬に手をかまれるのか : 動物たちの言い分

タイトル読み

ナゼ カイイヌ ニ テ オ カマレルノカ : ドウブツタチ ノ イイブン

大学図書館所蔵 件 / 69

内容説明・目次

内容説明

大雪渓の雪の上を一生けんめい歩いている小さな黒い虫たち。彼らはどこからきて、どこへいこうというのか。雪の上に食べものはあるのか。日本を代表する動物行動学者である著者は、少年のころより生きものや自然とふれあいながら、じつにたくさんの疑問を胸のうちにためてきた。身近な犬や猫の行動から、チョウやホタル、さまざまな虫たちの行動まで、深い関心を寄せ、疑問を解いていこうとする珠玉のエッセイ集。

目次

  • 第1章 動物たちそれぞれの世界(庭のタヌキ;冬の越しかた;春のチョウ;小鳥の給餌;田んぼのカエル ほか)
  • 第2章 動物の言い分、私の言い分(稲むらの火;京都議定書;二つの美;トルコの旅で感じたこと;遠野を訪れて ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91546237
  • ISBN
    • 9784569772059
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    [東京]
  • ページ数/冊数
    269p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ