書誌事項

Beuys in Japan : ヨーゼフ・ボイス : よみがえる革命

水戸芸術館現代美術センター編

フィルムアート社, 2010.1

タイトル別名

Beuys in Japan : ボイスがいた8日間

Beuys in Japan : ヨーゼフボイス : よみがえる革命

タイトル読み

Beuys in Japan : ヨーゼフ ボイス : ヨミガエル カクメイ

大学図書館所蔵 件 / 74

注記

展覧会カタログ

「本書は水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催された展覧会『Beuys in Japan ボイスがいた8日間』を契機に刊行されました。」とp[212]にあり

会期・会場: 2009年10月31日-2010年1月24日:水戸芸術館現代美術ギャラリー

主催: 水戸市芸術振興財団

付: ヨーゼフ・ボイス関連年表

訂正表あり

参考文献リスト: p207-210

内容説明・目次

内容説明

環境問題、経済危機…バブル前夜の東京に降り立ったボイスが語ったことが、四半世紀を過ぎて、現代の日本にアクチュアルなメッセージとして突き刺さる。

目次

  • 1984年、東京に現れたヨーゼフ・ボイス
  • ボイスの作品が語りかけるメッセージ
  • ヨーゼフ・ボイスを知るための10の扉
  • 坂本龍一「今こそ、ボイスの思想が必要だ」
  • 祈りの残影—1984年のヨーゼフ・ボイス、日本
  • ドイツ現代思想におけるヨーゼフ・ボイス—ロマン派、反芸術、そしてエコロジー
  • 神話と創造—西武セゾン文化とヨーゼフ・ボイス
  • ヨーゼフ・ボイスのユートピア思想、あるいは総合芸術としての社会
  • すべての人はアーティスト=アクティヴィストである
  • ニューヨークで本当に起こったこと—ヨーゼフ・ボイスのアクション“私はアメリカが好き、アメリカも私が好き”〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ