書誌事項

陵墓と文化財の近代

高木博志著

(日本史リブレット, 97)

山川出版社, 2010.1

タイトル読み

リョウボ ト ブンカザイ ノ キンダイ

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

万世一系の「十九世紀の陵墓体系」は、記紀批判のない文献考証と、現地で「口碑」や伝説を収集する「十九世紀の学知」によって決められた。大正期以降にあらわれ、敗戦から今日まで公認となる津田左右吉の古代史・神話研究、浜田耕作などの考古学といった「二十世紀の学知」と齟齬を生じるにもかかわらず、「十九世紀の陵墓体系」は「凍結」された。本書では、ひとり陵墓の問題のみならず、広く文化財をめぐる歴史認識としてとらえた。

目次

  • 1 世界遺産と「19世紀の陵墓体系」(2008年神功皇后陵への立入り;世界遺産と陵墓 ほか)
  • 2 陵墓がつくられる(近世の修陵;明治維新と陵墓 ほか)
  • 3 陵墓と人びとの関わり(近世の神功皇后信仰;伝説と陵墓 ほか)
  • 4 近代の学知と陵墓治定(西都原古墳の発掘;幻の『大阪府庁文書』 ほか)
  • 21世紀の陵墓問題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB00985548
  • ISBN
    • 9784634547094
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    105p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ