書誌事項

対人援助学の可能性 : 「助ける科学」の創造と展開

望月昭 [ほか] 編

福村出版, 2010.3

タイトル別名

対人援助学の可能性 : 助ける科学の創造と展開

タイトル読み

タイジン エンジョガク ノ カノウセイ : タスケル カガク ノ ソウゾウ ト テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 135

注記

その他の編者: サトウタツヤ, 中村正, 武藤崇

文献あり

内容説明・目次

目次

  • 1 「助ける」を継続的に実現するための対人援助学
  • 実践編 対人援助学の実践と教育の場としての「学生ジョブコーチ」
  • 2 「臨床」という実践における「対人援助学」の役割
  • 実践編 重症対人恐怖症へのACT導入—精神科デイケアにおける試み
  • 3 高齢者への支援に関わる対人援助学の応用
  • 実践編 大学という地域資源の活用
  • 4 逸脱行動と社会臨床—加害に対応する対人援助学
  • 5 支援者支援という対人援助の可能性—女性支援構築のための婦人相談員研修の実践から
  • 6 医療における対人援助のこれから
  • 7 モード2型学習としてのサービスラーニング—対人援助学との融合を目指して
  • 草の根『対人援助学』—パソコン通信時代の研究者と当事者の連携を振り返る

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ