書誌事項

近世民衆宗教と旅

幡鎌一弘編 ; 山形隆司 [ほか著]

法藏館, 2010.3

タイトル読み

キンセイ ミンシュウ シュウキョウ ト タビ

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

その他の著者: 荻野裕子, 望月真澄, 青柳周一, 神田秀雄, 児山真生, 北川央

内容説明・目次

内容説明

近世の都市は宗教を成熟させる力をもっていた。旅する宗教者や旅をとおして信仰を深めた民衆のエネルギーを鋭く論じた意欲的論集。

目次

  • 旅からみる近世宗教
  • 近世における畿内からの富士参詣とその信仰—大和国を中心に
  • 富士参りの歌—伊勢志摩からの富士参詣
  • 江戸庶民の身延山巡拝—法華信仰の形態を探る
  • 一八世紀における地域の「成り立ち」と名所—下坂本村と唐崎社について
  • 化政期における社会的交通の展開と民衆宗教の成立—如来教の事例に即して
  • 旅する信仰—明治期四国地方の金光教を事例に
  • 関東における大神楽事情—伊勢・江戸・水戸、三つの大神楽の関係

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ