ブラック企業、世にはばかる

書誌事項

ブラック企業、世にはばかる

蟹沢孝夫著

(光文社新書, 456)

光文社, 2010.4

タイトル別名

ブラック企業世にはばかる

タイトル読み

ブラック キギョウ ヨ ニ ハバカル

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

主要参考文献: p201-202

内容説明・目次

内容説明

外見はマトモなのに、内実はとんでもないブラック企業。あなたの職場は、次のいずれかに該当するだろうか?「新卒使い捨て」の肉食系、成長のチャンスを奪う草食系、大手だけど「時給がマックやコンビニ以下!?」のグレーカラー。このような職場に苦しんでいるのは、決して若者だけではない。いま勝ち組企業に勤める中高年も、いつ「明日はわが身、いやわが子の身」となるかもわからない…。本書が描き出すブラック職場はフィクションではない。その実態は、600人以上の転職支援を行った著者の経験とキャリアカウンセラーとして内々に入手した情報にもとづくものである。後半では、転落者が再チャレンジできる方策について徹底的に検証する。

目次

  • プロローグ あなたの隣のブラック職場
  • 第1部 キャリアカウンセラーは見た(タイプ1 肉食系ブラック職場—「新卒使い捨て」業界の現実;タイプ2 草食系ブラック職場—成長のチャンスを奪われる若者たち;タイプ3 グレーカラー職場—大手優良企業のなかの“隠れブラック”)
  • 第2部 脱・ブラック職場—日本の雇用はなぜ「理不尽」なのか?(勝ち組大手企業は「加害者」だ;新卒採用中心主義にメスを;「転職35歳限界説」が日本をダメにする)
  • エピローグ 私たちは変われるのか、あるいはなぜ変われないのか?

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ