日本政治思想研究 : 権藤成卿と大川周明

著者

    • 大森, 美紀彦 オオモリ, ミキヒコ

書誌事項

日本政治思想研究 : 権藤成卿と大川周明

大森美紀彦著

世織書房, 2010.3

タイトル読み

ニホン セイジ シソウ ケンキュウ : ゴンドウ セイキョウ ト オオカワ シュウメイ

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

主要参考文献: p291-300

略年表: p301-307

内容説明・目次

内容説明

“民生主義”と“武力の政治”、非線平和に導く営み。農本主義者と称されて来た権藤成卿。同時代を生きた大川周明との比較・検討を通し、新たな像を今、甦えらす。

目次

  • 序章 非武力と武力の政治秩序観
  • 第1章 「血盟団事件」と「五・一五事件」をめぐって
  • 第2章 権藤成卿の政治秩序観・1—背景
  • 第3章 権藤成卿の政治秩序観・2—思想と運動
  • 第4章 大川周明の“国内政治秩序観”—“革命思想家”から“統制思想家”へ
  • 第5章 大川周明の“国際政治秩序観”
  • 補論 「ウルティマ・ラティオ=暴力」論を超えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ