大女優物語 : オードリー、マリリン、リズ

書誌事項

大女優物語 : オードリー、マリリン、リズ

中川右介著

(新潮新書, 379)

新潮社, 2010.8

タイトル別名

大女優物語 : オードリーマリリンリズ

タイトル読み

ダイジョユウ モノガタリ : オードリー マリリン リズ

大学図書館所蔵 件 / 60

注記

主要参考文献: p251-255

内容説明・目次

内容説明

オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー。ハリウッドを代表する三人の大女優に、共演は一度もないが、その運命は思わぬ場面で絡み合っていた。オードリーより先に『ローマの休日』の王女役に名前が挙がったリズ、『ティファニーで朝食を』の主演を熱望していたマリリン—最も華やかな時代の映画界を舞台に、デビュー秘話からスキャンダルまで交えて描き出す、美貌と野望の物語。

目次

  • プロローグ 三人の美しい少女たち—一九二六‐四〇年
  • 第1章 陽のあたる場所、ハリウッドへ—一九四一‐五一年
  • 第2章 『ローマの休日』とセックス革命—一九五二‐五四年
  • 第3章 膨らんでいく特別な野望—一九五五‐五八年
  • 第4章 女王になった女、ファーストレディになれなかった女—一九五九‐六二年
  • エピローグ 主演女優の真の敵、それは—一九六三‐二〇一〇年

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ