書誌事項

家族を超える社会学 : 新たな生の基盤を求めて

牟田和恵編 ; 上野千鶴子 [ほか] 著

新曜社, 2010.9

2刷

タイトル読み

カゾク オ コエル シャカイガク : アラタナ セイ ノ キバン オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

その他の著者: 岡野八代, 西村光子, 久保田裕之, 小谷部育子, 釜野さおり, 野沢慎司, 春日キスヨ, 白岩優姫, 井出草平, 社納葉子, 山田昌弘

記述は第2刷による

編者あとがき(第二刷): p209-211

内容説明・目次

内容説明

男女の性愛でも、血のつながりでもない。家族とは、ケアの絆を結びあうことだ。力強く生きる基盤を共に築くために。人と人の多様なつながりの実践から、新しい社会構想に向かう社会学。

目次

  • 家族のオルタナティブと新たな生の基盤を求めて—本書のねらい
  • 1 「家族」を超える論理と倫理(家族の臨界—ケアの分配公正をめぐって;家族からの出発—新しい社会の構想に向けて;ジェンダー家族のポリティクス—家族と性愛の「男女平等」主義を疑う)
  • 2 「家族」を超える多様な実践生きる基盤の新たなかたち(若者の自立/自律と共同性の創造—シェアハウジング;性愛の多様性と家族の多様性—レズビアン家族・ゲイ家族;家族下位文化と家族変動—ステップファミリーと社会制度)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03660073
  • ISBN
    • 9784788511835
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 211, viip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ