記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

書誌事項

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

川島隆太, 泰羅雅登著

(新潮文庫, か-59-1)

新潮社, 2010.12

タイトル別名

記憶がなくなるまで飲んでもなぜ家にたどり着けるのか

タイトル読み

キオク ガ ナクナル マデ ノンデモ ナゼ イエ ニ タドリツケル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 28

内容説明・目次

内容説明

ついつい外で飲みすぎて、気がつくと玄関で寝ていた…。鞄も財布も携帯もあるけど、どうやって帰ったのかは覚えてない。二次会の途中までは記憶があるのになあ〜。お酒を飲むと脳はどんな影響を受けるのか。お酒は本当に百薬の長なのか。お酒に関して“下戸”と“底なし”の二人の脳科学者が、それぞれの立場から徹底検証。お酒と脳の不思議な関係を、分かりやすく解説した入門書。

目次

  • 第1章 記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
  • 第2章 「ほろ酔い」気分が、脳を活性化させる!
  • 第3章 お酒を飲むと、脳は萎縮するというコワイ話
  • 第4章 「それでもお酒はやめられない」という、あなたに
  • 第5章 酒脳会談 “飲めない”川島隆太ד底なし”泰羅雅登

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04065315
  • ISBN
    • 9784101342818
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ