書誌事項

ソーシャルワーク実践の基礎理論

北島英治 [ほか] 編

(社会福祉基礎シリーズ, 2 . 社会福祉援助技術論||シャカイ フクシ エンジョ ギジュツロン ; 上)

有斐閣, 2010.12

改訂版

タイトル別名

Basic theories for social work practice

タイトル読み

ソーシャル ワーク ジッセン ノ キソ リロン

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

その他の編者: 副田あけみ, 高橋重宏, 渡部律子

引用文献: 各章末

より深い学習のために: p361-363

内容説明・目次

内容説明

社会福祉を学ぶうえで知っておくべき相談援助の理念・理論・技法とは。それらを実践のプロセスのなかで学べるよう、事例やビネットを使い、丁寧に解説し、具体的に学べるよう工夫した入門書の改訂版。新しいカリキュラムにも対応できるよう、新たな内容を盛りこんだ。

目次

  • 1章 ソーシャルワークの構成と過程
  • 2章 ソーシャルワークの視点・目標・価値・倫理
  • 3章 ソーシャルワークの構成
  • 4章 ソーシャルワーカーの分野
  • 5章 ソーシャルワークの実践過程
  • 6章 ソーシャルワーク実践を支えるコミュニケーション理論
  • 7章 ソーシャルワーク実践における記録
  • 8章 ソーシャルワーカーの役割
  • 9章 ソーシャルワークの実践モデル
  • 10章 ソーシャルワーク実践基礎理論
  • 11章 ソーシャルワークの歴史

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ