愛蔵版戦国名将一日一言

書誌事項

愛蔵版戦国名将一日一言

童門冬二著

PHP研究所, 2010.12

タイトル別名

戦国名将一日一言

タイトル読み

アイゾウバン センゴク メイショウ イチニチ イチゲン

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

巻末に「武将別索引」あり

内容説明・目次

内容説明

戦国武将はけっして無筆無知識ではない。同時代の最高の知識人は僧である。日本にない知識や情報のもたらし手も僧であった。武将たちは僧から多くを学んだ。戦国武将が共通して直面していたのは、「時間との戦い」である。いきおいその言説も凝縮され、短文化される。幕末開国時代の長文化された論説にくらべると、「結論」だけで自己の一切をいいきっている。それだけに味わいが深い。366の言葉に凝縮された、味わい深い、人生の叡智。

目次

  • 織田信長
  • 豊臣秀吉
  • 明智光秀
  • 前田利家
  • 伊達政宗
  • 藤堂高虎
  • 毛利元就
  • 上杉謙信
  • 北条氏康
  • 武田信玄〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04542935
  • ISBN
    • 9784569792415
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    439p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ