文学部がなくなる日 : 誰も書かなかった大学の「いま」

書誌事項

文学部がなくなる日 : 誰も書かなかった大学の「いま」

倉部史記著

(主婦の友新書, 017)

主婦の友社, 2011.3

タイトル別名

文学部がなくなる日 : 誰も書かなかった大学のいま

タイトル読み

ブンガクブ ガ ナクナル ヒ : ダレモ カカナカッタ ダイガク ノ イマ

大学図書館所蔵 件 / 92

内容説明・目次

内容説明

「進学できないから就職する」時代から、「就職できないから、とりあえず進学する」時代へ。いまや高校生の二人に一人が大学に進学。一方で少子化が進行し、定員割れの大学が増加している。生き残りをかけ、大学は改革に必死だ。さまざまな矛盾や課題を抱えながらも変わっていく大学のリアルな「いま」を、当事者の視点で語る。

目次

  • 第1章 大学がつぶれる
  • 第2章 変わっていく文学部
  • 第3章 一変した大学の風景
  • 第4章 生き残りをかけた大学の戦い
  • 第5章 入試と今後の大学のあり方
  • 第6章 「大学選び」を変える

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB04760233
  • ISBN
    • 9784072758953
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    191p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ