書誌事項

社会改革案

ルドルフ・シュタイナー著 ; 西川隆範訳

(ロサ・ミスティカ叢書)

水声社, 2011.2

タイトル読み

シャカイ カイカクアン

大学図書館所蔵 件 / 35

内容説明・目次

内容説明

近代の労働者の本能、意識下の感情のなかには、市場で商品を売るように、自分の労働力を企業家に売らなければならないことへの嫌悪感があるのです。労働力を商品にされることへの嫌悪感が、近代の社会運動の本来の根本衝動であるということに思いいたり、それが社会主義理論によっても徹底的には語られていないということを、とらわれなく眺める必要があります。…社会主義は解決の試みにはなりません。社会問題は未来にも存在するでしょう。社会問題は、つねに存在するでしょう。いきいきとした社会有機体のなかで、社会問題は繰り返し解決されねばなりません。

目次

  • 経済の根本問題
  • 精神科学と社会問題
  • 社会問題(社会問題の真相;現実に沿った社会問題の解決;社会生活の現実的な把握;社会の発展と現代人の生活状況)
  • 社会秩序のなかの人間—個人と共同体

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05484867
  • ISBN
    • 9784891768232
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    245p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ