書誌事項

伴天連の呪い

(文春文庫, [お-13-14] . 道連れ彦輔 / 逢坂剛著||ミチズレ ヒコスケ ; 2)

文藝春秋, 2011.4

タイトル読み

バテレン ノ ノロイ

大学図書館所蔵 件 / 4

注記

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

ちゃっかり御家人三男坊・鹿角彦輔が芝の寺へ遊山に出かけたところ、隣の寺の裏手で額に十字の焼き印を押された死体が発見された。そこはかつて、切支丹の伴天連が何十人も火あぶりにされた寺だという。彦輔は意外な犯人に行き当たるが—個性豊かな面々が江戸の町で大活躍する傑作時代小説集。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05494747
  • ISBN
    • 9784167520144
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    313p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ