書誌事項

小津安二郎美食三昧

貴田庄著

(朝日文庫, [き16-4], [き16-5])

朝日新聞出版, 2011.3

  • 関東編
  • 関西編

タイトル読み

オズ ヤスジロウ ビショク ザンマイ

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

巻冊次

関東編 ISBN 9784022616876

内容説明

生涯独身、食事はほぼ外食だった小津安二郎。鰻、天麩羅、鳥料理、蕎麦が好物で、お気に入りの店は手帖や日記に書きとめていた。時にはスタッフを大勢連れて、時には女優を招待して、時に一人でしんみりと。半世紀前の東京・横浜・鎌倉で、小津が食事をした店を数年かけて食べ歩いたエッセイ。

目次

  • 関東の美食処(竹葉亭銀座店(鯛茶漬、鰻);関口フランスパン(パン、サンドイッチ);鳥安(合鴨のすき焼);蓬菜屋(とんかつ);新宿中村屋(カレーライス) ほか)
  • 関東の土産処(空也(もなか、空也餅);笹巻けぬきすし総本店(持ち帰り寿司);泉屋東京店(クッキー);ハマヤ(富貴豆);鮒佐(佃煮) ほか)
巻冊次

関西編 ISBN 9784022616906

内容説明

小津安二郎は、撮影で訪れた関西の食文化を愛し、手帖や日記に書き残していた。京都では京料理やすっぽん、大阪では鯨料理にうどん、神戸では洋食や中華を。お土産には大阪寿司や漬物、和菓子を。小津の死後40年以上経った今、店はどうなっているか?数年をかけ食べ歩き、書きとめたエッセイ。

目次

  • 関西の美食処(瓢亭(懐石料理);大市(すっぽん);わらじや(鰻雑炊);ぎをん萬養軒(フランス料理);晦庵河道屋(芳香炉、蕎麦) ほか)
  • 関西の土産処(東山八百伊(漬物);川端道喜(粽、和菓子);喜多品(鮒寿司、甘露漬);野村治郎助商店(漬物);いづう(鯖寿司) ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05831053
  • ISBN
    • 9784022616876
    • 9784022616906
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    15cm
  • 親書誌ID
ページトップへ