原子力に未来はなかった

書誌事項

原子力に未来はなかった

槌田敦著

亜紀書房, 2011.5

タイトル別名

石油と原子力に未来はあるか : 資源物理の考えかた

タイトル読み

ゲンシリョク ニ ミライ ワ ナカッタ

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

「石油と原子力に未来はあるか : 資源物理の考えかた」増補版(1987年刊)の改題増補

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

70年代から反原発を訴えてきた著者が、レベル7という未曾有の福島第一原発の事故の経緯をさぐり、今後の日本社会のあり方を問う。福島で何が起こったか、スリーマイルとチェルノブイリとの比較、反原発の科学的根拠など、30年の歴史がつまった反原発の思想的支柱となる一冊。

目次

  • 1章 レベル7となった福島第一原発の事故—2011年4月13日
  • 2章 原発巨大事故の傾向と対策—1987年5月
  • 3章 『石油と原子力に未来はあるか』より—1978年(原子力は石油の代替か;原子力平和利用は故意の犯罪;核融合の夢と現実;脱石油文明の方向;定常開放系の世界)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05895715
  • ISBN
    • 9784750511108
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    196p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ