量子力学は世界を記述できるか

書誌事項

量子力学は世界を記述できるか

佐藤文隆著

青土社, 2011.6

タイトル読み

リョウシ リキガク ワ セカイ オ キジュツ デキルカ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

「量子力学のイデオロギー」(青土社, 1997年刊) の続編

内容説明・目次

内容説明

科学の最先端として「物理学の世紀」を演出し、医療やIT、情報工学などさまざまな分野を革新し続けている量子力学。しかしその理論は直観的にはまったく「理解できない」ものだった。量子力学の登場で、世界は、そして科学の意味はいかに変わったのか…。いままで誰も語れなかった「本当の」量子物理学の世界。

目次

  • 第1部(観測者の登場—客観世界への闖入者;情報と確率;二〇世紀科学と量子;数理というツール—生もの、乾きもの)
  • 第2部(量子力学の不思議;物理学界での量子力学の明暗;量子力学の現在;量子力学の教育二話)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0604095X
  • ISBN
    • 9784791766123
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    246p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ